稼げる投資は存在しない? » 生活

拾ったり貰ったりしたお金

高校生の時に友達と自転車で遠くのパソコンショップに遊びに行った折、
帰りにふと下を見ると一万円札が落ちていた。

びっくりして戻ってみると本当に一万円だった。
警察に届けるなどという知恵が働かず、
とりあえずアニメショップに行って二人で買いたいものを買った。

若い時からそういう癖がついてしまったので、
大人になってからお金の上手な使い方などできるはずもない。

大学に進学してからももっぱら親からの仕送りに頼りっきりで、
足りなければまた無心するという生活様式だった。

そこまでならまだいい。

その後身内がなくなったことで百万円ほど自由になったのだが、
いざという時のための蓄えとして取っておくのではなく、
そのまま仕事をやめて生活費に回してしまった。

それでも二年ほどはちょこちょこバイトをしながら食いつなげた。
確かその後にも百万入り、インドなんかにも行ったはずだ。
その後である。結局向こうで泥棒に身ぐるみはがれて帰って来て、
親にも申し訳が立たないので禅寺に入門した。

 

半年ほどで逃げ帰ってきたが、
その時からはあまりチャンスの巡ってくる事もなくなんとか食いつないでいる。

 

まさに禅で言う「本来無一物」の境地と言えるが、
やはりもう少し遊んでおけばよかったと思うこの頃である。

Comments are closed.