稼げる投資は存在しない? » 金融

金融機関に勤める私が語る汚いお金の話

私の仕事は金融機関の出納窓口です。
お客さんが預けるお金を受け取って数え、
お客さんが下すお金を数え……一日中ずっとお金を数えるのが私の日々の業務です。
そんな仕事をしている私が言いたいのはお金は汚いということ!

いやいや、お金に執着する人々の心が汚いという精神的な意味ではなく、
貨幣・硬貨が物理的に汚いということです。

……お金を数えると、手が、真っ黒に、なる!あれ?私はまっくろくろすけを触ったのかな?

特に汚いと思うのは、田舎の金融機関なのでよくあるのですが、
神社のお賽銭を入金しに持ってこられたとき。これは最高にテンションが下がります。

この真っ黒の硬貨は10円玉?……いやまて、100円玉だ!桜の花がうっすら見える!
どんだけ雨ざらしの中にあるお賽銭入れなんでしょうね。
賽銭泥棒からも何十年も狙われてないような辺鄙な神社なんでしょうかね。

流石にそこまで一見お金か判断に困るような、損券・損貨とまではいかなくても、
綺麗そうなお金でもかなり汚いです。汚いお金と一緒に保管するから。ばい菌だらけです。
つまるところ、何が言いたいかと言いますと……お金を数えるときに指をなめるのはやめましょう!
それよりもドラゴンストラテジーFXでサクッと稼げるのがいいですね~。

Comments are closed.